日本のやきもの|瀬戸焼

夫の日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「瀬戸焼」の基本情報

所在地:愛知県瀬戸市

伝統の特徴:東日本では陶磁器の代名詞に「セトモノ」と使われるように幅広い

伝統の色:陶器、磁器ともにあらゆる色合いがあるが、陶器では赤津焼き七釉が知られる

伝統の造り:茶陶では食器、日用雑貨を含め陶器、磁器ともに多彩なものが作られてきた。日本の焼き物の縮図ともいわれる

「瀬戸焼」の歴史

やきものの代名詞となった最古の歴史を持つ大窯業地

灰釉陶器の量産化にともなって、猿投窯が東海地方の一円に窯群を広げていったなかから、中世の主要な窯は誕生します。それらの窯が施釉技法を捨ててしまうなかで、高火度施釉釉陶の技を復活させたのが、瀬戸窯でした。

瀬戸窯は鎌倉時代初期(12世紀末)から始まります。そのあと現在まで連綿と窯煙を上げ続けてきました。そのなかで草創期から中世(鎌倉から室町時代)の瀬戸焼は「古瀬戸」とよばれ、愛好家も多く存在します。この時代としては唯一釉薬が施され、当時日本唯一の高級な施釉陶器の窯でした。

瀬戸焼は、常滑・越前・丹波・信楽・備前とともに中世から続いている窯として「六古窯」とよばれます。瀬戸焼は、六古窯のなかでも最古の歴史を持ち、1592年(文禄元)年の豊臣秀吉の朝鮮出兵以降、連れ帰った朝鮮人陶工の影響を受けている窯場とは成り立ちが異なる日本古来の窯場なんです。

瀬戸には七つの釉薬があり、赤津焼きの七釉とよばれます。その七つの釉とは、灰釉、鉄釉、黄瀬戸、古瀬戸、志野、織部、御深井です。(瀬戸は戦後、一大窯地となってあらゆるものを作っていたため、瀬戸の特徴は薄れてしまい、赤津焼きが瀬戸の伝統を受け継いだ格好になりました。そのため赤津焼きの七釉とよばれるようになりました)

瀬戸焼にはこの多彩な釉薬と純白が美しく、強度、耐火度に優れる良質な陶土などの条件から、日用雑器のみならず、茶道具、美術工芸品なども作られ、陶器生産の中心地へと成長していったのでした。その繁栄は、「セトモノ」という言葉が、いまも東日本のやきもの全般を指す言葉として用いられることからもわかります。

「瀬戸焼」の特徴

瀬戸焼の歴史は古く、また陶器、磁気含め、さまざまな焼きものを作ってきました。一方で、その過程で「瀬戸焼らしさ」は削られ、いまでは多くの窯が工業化され大量生産を行なっています。

瀬戸焼らしさは薄れたものの、良質な土、職人たちの技術は今でも健在です。

瀬戸焼という枠を離れ、瀬戸焼のなかの好きな作家さんという見方で探すといいかもしれませんね。

 

夫の日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
u-aiをフォローする
スポンサーリンク
住んで埼玉

コメント

タイトルとURLをコピーしました