すべり台やブランコが姿を消す?さいたま市内の遊具が使用禁止に!

妻の日記
スポンサーリンク

さいたま市は、2019年6月18日に実施した遊具点検にて、使用不可と判断された遊具を6月下旬から順次使用禁止とすることを発表しました。

これにより、さいたま市内の20%にあたる市内471カ所、776基の遊具が使えなくなります。

スポンサーリンク

使用禁止の経緯

「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」及び「遊具の安全に関する規準」に基づき、さいたま市によって行われた遊具点検で、ハザードレベル3の遊具の存在が確認されました。

対応方針

ハザードレベル3の遊具(776基、市内全遊具の約20%)については、速やかに使用中止の措置が講じられます。

修繕可能な遊具は、使用中止後、順次修繕を行います。

しかしながら、修繕不可能な遊具については先行して撤去し、撤去完了後、更新なども含め対応を考えます。

ハザードレベル3とは

ハザードとは?

子供の遊びに内在する危険性のうち、遊びの価値とは関係ないところで事故を発生させる恐れのある危険性、あるいは子供が予測できず、どのように対処すればよいかの判断が不可能な危険性。例:基礎部分の不適切な露出、隙間、突起、設置面の凹凸、高低差など。

引用:さいたま市HP

ハザードレベル3とは

遊具の点検結果によって判定されたハザードのレベルのうち、最も重い、生命にかかわる危険があるか、重度の障害あるいは恒久的な障害をもたらすハザードがある状態

引用:さいたま市HP

遊具の使用不可の判断について

ハザードレベル3の遊具については、「公園施設の定期点検に関する規準」((一社)日本公園施設業協会)により使用不可とされている。

引用:さいたま市HP

おわりに

我が家の近くの公園にも、張り紙がなされていました。

今後は順次使用中止になります。

対象遊具は、ブランコやすべり台、鉄棒などです。ってことは、ほとんど全ての遊具ってことでしょうか?

どうやら、地面から露出している鉄棒の基礎やすべり台などの手摺り(首が挟まる危険性)が該当するようです。

対象の公園については、さいたま市HPで一覧が掲載されています。

●使用禁止遊具 公園一覧(浦和区)

更新であればいいのですが、撤去だけだと目も当てられないですね。。。今後どうなるんでしょうか。

妻の日記日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
u-aiをフォローする
スポンサーリンク
住んで埼玉

コメント

タイトルとURLをコピーしました