絵本、ビジネス書、雑誌、古書が無料で手に入るイベント!さいたま市内の図書館で開催される古本バザール2018年まとめ

夫の日記
スポンサーリンク

絵本って子供にたくさん買ってあげたいけど、揃えようと思うと高いし、大きくなると読まなくなるからもったいない!

ビジネス書って手に取って読むけれど、結局一回きりしか読まないし、たくさん出版されているから買い揃えるのが大変!

と思うことはありませんか?

さいたま市内の図書館で開催される古本バザールは、5,000冊以上の本が無料で本が手に入る夢のようなイベントなんです。

さいたま市民もさいたま市民じゃない人も、古本バザールをうまく活用して素敵な本と出会いましょう!

スポンサーリンク

古本バザールとは?

図書館で不要になった本がリサイクル資料として無償で提供されます

つまり除籍になった小説や実用書、保存期限が切れた雑誌類です。

そう聞くと古い本ばかりなのかなと思いますが、除籍本以外にも提供本、寄贈本も多数提供されます。

提供本の中には新品に近い状態のものもあるので、古い本が気になる方は新しい提供本を狙うようにするといいですよ。

手に入る本は、絵本(0歳~)、実用書(ビジネス、金融、資格など)、雑誌(趣味、旅行など)、古書、小説(ハードカバー、ソフトカバー)まで様々な本が手に入ります

どんな本が手に入るかは行ってみるまで分かりません。

図書館によっても提供本に特色があるため、事前に特徴がわかっていれば、その図書館を狙っていくのもいいかもしれませんね。

さらに、さいたま市民だけでなく、市外の人でも参加できます。

毎年 来場者数は増加しており、中央図書館では前年比で+144人(+25%)の724人でした。

724人が中央図書館のイベントルームに集結することを想像すると、どれだけの賑わいになるか想像できますね。

2018年は全支部6図書館で、延べ7日間の開催でした。

各図書館の2018年の日程は以下になります。

  • 中央図書館(2018年10月27日 9-15時)
  • 北浦和図書館(2018年11月10日 9-16時、11日 9-15時)
  • 南浦和図書館(2018年10月13日 10-15時)
  • 東浦和図書館(2018年10月13日 10-16時)
  • 桜図書館(2018年7月28日 10-16時)
  • 岩槻図書館(2018年11月3日 10-15時)

北浦和図書館のみ、2日間の開催になります。

その分 提供本数と来場者数が最も多い会場となっています。

私が2018年に参加したのは、中央図書館、南浦和図書館、北浦和図書館の3カ所です。それぞれ古本バザールの様子は下記のリンクを参照ください。

2018年 北浦和図書館の古本バザールで、絵本を無料で大量入手
平成30年度の北浦和図書館で開かれた古本バザールに参加してきましたので、内容を報告します。 結果としては、絵本50冊、旅行誌3冊(地球の歩き方、るるぶ)、住宅情報誌3冊を手に入れることができました。 古本バザールとは ...
2018年 南浦和の古本バザールに行って、絵本とビジネス書を無料で大量調達
南浦和の図書館では、毎年10月に古本バザールを開催しています。 平成30年度の南浦和古本バザールに行ってきましたので、その内容をお伝えします。 古本バザールとは 平成30年度 南浦和図書館 古本バザールの概要 10月...

一目瞭然!数字で見る2018年の実績一覧

友の会だより107号に平成30年度「古本バザール」まとめが掲載されておりました。

数字で見ると、ますます大きなイベントであることが分かりますね。

図書館名 中央図書館 北浦和図館 南浦和図書館 東浦和図書館 桜図書館 岩槻図書館
提供本
(うち除籍本)
5,926冊
(2,510冊)
17,252冊
(6,187冊)
7,257冊
(1,845冊)
9,214冊
(4,893冊)
6,246冊
(2,274冊)
5,673冊
(3,371冊)
残本数 1,636冊 4,131冊 1,044冊 3,825冊 2,356冊 3,016冊
来場者数
(前年比)
724人
(+144人)
1,338人
(+494人)
536人
(-64人)
893人
735人
(-93人)
197人

(出典:友の会 107号 平成30年度「古本バザール」まとめ)

2018年は、一昨年に急逝された前会長の蔵書が多数提供されたため、例年に比べて全体で4,300冊ほど多くなっています。

すごいですね、前会長の蔵書数。。。

私のおすすめは、南浦和です。

会場が大きく、本の種類も偏りがなく豊富です。が、その分 賑わいも大きいです。

208年は中央図書館も人気でした。駅へのアクセス、駅からのアクセスも良好なため、参加しやすいのがいいですね。

古本バザールの攻略法!

攻略のポイントは全部で2つ!

朝一で参加する

なんといっても朝一で行くことです。

古本バザールは、9時または10時開催ですが、もっとも白熱するのは午前中です。

先頭の人は6時過ぎから並んでおり、開始直前には100-150人ほどの行列ができます。

(先頭集団は、キャリーバッグや段ボールをもって参加している強者たちばかりです笑)

(中央はPARCOの中央玄関前、南浦和は市民センターの入って右側の通路、北浦和は図書館の玄関前に並びます)

開始後も続々と人が増え続けるため、会場内の人の数は開始から1時間で最大になります。

その間はまさにバーゲンセール、机の上に並ぶ本は取り合い状態。

目的の本の前に陣取るのも一苦労の状態です。

そのため、まずは朝一で行くことを心がけましょう。そして開始と同時に目的のジャンルの本の机を目指し、迷う暇なく手元に抱えていくことです。

マナーとして、本を戻すのはNGです。一度手元に置いた本は、必ず持ち帰るようにしてください

混雑が苦手な方や初めての方は、午後からの参加でもいいかもしれませんが、午後はほとんど本が残っていません。

本の補充も年度によって異なりますが、メインの本は既に机の上に並べられていることがほとんどです。補充の本には期待しないようにしましょう。

大きな袋を持参する

古本バザールで得た戦利品は、そのまま持って帰ることができます。

帰り口では友の会の方が紙袋をくれますが、たくさんの本を持って帰る場合は布製の丈夫な袋、またはリュックなどを持参するようにしましょう。

正直 紙袋では心もとないです。笑

おわりに

古本バザールは、とても人気のイベントで年々来場者数も増加しています。

小さな子供連れの場合はもみくちゃにされることもありますので、十分注意しましょう。

また、必要以上に本を持って帰るのは控えましょう。

多くの参加者が本を楽しみに来場されます。本当に必要な本だけを持ち帰りましょう。

図書館の除籍本にはリサイクル本のシールが貼られていますが、提供本にはそのシールがありません。

そういった本を狙って瀬取りの方が、大きなキャリーバッグをもって参加されます。

正直 地元民からしたら迷惑ですが、持ち帰り本数に規制がないため仕方ありません。。。持ち帰り数に規制をかけるか、一律の募金額を設けた方がいいのではと思ってしまいますが、いまのところ そういった対策はないようです。

また、帰り口には募金箱があります。

特に募金額に決まりはありませんが、頂いた本の気持ちに合わせて募金をお願いします。

集まった寄付金は、各図書館に置く資料本の購入など、図書館の運営費に充てられます。

夫の日記日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
u-aiをフォローする
スポンサーリンク
住んで埼玉

コメント

タイトルとURLをコピーしました