2018年 南浦和の古本バザールに行って、絵本とビジネス書を無料で大量調達

夫の日記
スポンサーリンク

南浦和の図書館では、毎年10月に古本バザールを開催しています。

平成30年度の南浦和古本バザールに行ってきましたので、その内容をお伝えします。

絵本、ビジネス書、雑誌、古書が無料で手に入るイベント!さいたま市内の図書館で開催される古本バザール2018年まとめ
絵本って子供にたくさん買ってあげたいけど、揃えようと思うと高いし、大きくなると読まなくなるからもったいない! ビジネス書って手に取って読むけれど、結局一回きりしか読まないし、たくさん出版されているから買い揃えるのが大変! と思う...
スポンサーリンク

古本バザールとは

平成30年度 南浦和図書館 古本バザールの概要

10月13日(土)午前10時〜午後3時までの開催です。

場所は文化センター1階展示室になります。南浦和図書館と同じ建物ですが、入り口が違うため注意が必要です。

文化センター入り口(建物正面の左側)から入ってすぐ右側に1階展示室があります。

全ての本は無料で持って帰ることができます。

また持ち帰り冊数に上限はありません。

お帰りの際は、出口に寄付金箱がありますので、そちらにお金を入れて帰りましょう。

(集まったお金は、古本バザールなど図書館の運営や義援金などに使われます)

出口で紙袋をもらうことができますが、本は重いので、できれば自分で持ち帰り用の袋を持って行った方がいいでしょう。

どんな本が手に入るの?

図書館で不要になった本が提供されます。

小説、実用書、絵本、保存期限の切れた雑誌(旅行誌、スポーツ誌、ファッション誌など)などがあります。

と聞くと、何か古めかしい本しか無いのかなと思われますが、寄贈本も多数提供されます。

寄贈本の中には、新品に近い状態のものもありますので、気になる方は寄贈本を狙うようにするといいですよ。

古本バザールの攻略法

まずは朝市で行くことです。

出来れば開始1時間前から並ぶことをオススメします。

当日は、開始前に150人ほどの行列ができます。

先頭集団は、朝6時から並んでおり、開始と同時に持参したキャリーバッグや段ボールに本を大量に詰め込みます。

その後は、150人の行列で会場は埋め尽くされ、まさにバーゲンセール状態。一冊の本を手に取るのも一苦労です。

また、本は多少の補充がありますが、あまり期待はできません。めぼしい本は既に棚に並べられております。

南浦和は、ほかの図書館に比べて古本バザールで提供される本の質や種類がよく、そのため非常に人気のイベントです。

お目当ての本を手に入れるためには、気合いを入れて臨みましょう!

夫の日記未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
u-aiをフォローする
スポンサーリンク
住んで埼玉

コメント

タイトルとURLをコピーしました