5カ月ごろから始める!1歳半ごろまでの離乳食の進め方の目安

妻の日記
スポンサーリンク

月齢はあくまで目安!赤ちゃんのペースを一番大事に考えて

赤ちゃんは、体の発育と同じように、離乳食の進み具合も個人差が大きいものです。

なかなか思い通りに進まずに「どうして?」と悩むことも多いと思いますが、赤ちゃんの成長ペースに合わせ、無理なく進めるようにしましょう。

大人の不安な気持ちは赤ちゃんにも伝わります。離乳食の時間を楽しむくらい気楽な心構えでのぞみましょう。

離乳食は思うように進まなかったり、立ち戻ったりの繰り返し!

月齢通りに進まなくなったり、順調だったのに急に食べなくなったり。離乳食は立ち止まり、立ち戻りの繰り返しです。

大人は心配になったり、ストレスに感じたりしますが、ずっと食べないわけではありません。

少しずつ、少しずつ、進めていけばいいのです。食べる量が足りなくて心配なら、赤ちゃんの体重の成長具合を確認しましょう。成長曲線と照らし合わせ、目安にしながら進めてはどうですか?

スポンサーリンク

離乳食の進め方の目安表

時期 食べ方 かたさ 1回当たりの目安量
5~6カ月ごろ
おすわりがちゃんとできるようになって、両手をよく動かすように
赤ちゃんの様子を見ながら、1日1回1さじからはじめる。
母乳やミルクは飲みたいだけあげる。
なめらかにすりつぶした状態 10倍粥をつぶしたもの

すりつぶした野菜など

つぶした豆腐・白身魚などの順で試していく
7~8カ月ごろ
ハイハイができて大人の後追いをする子も
1日2回食で、食事のリズムをつけていく。いろいろな味や舌触りを楽しめるような食材を増やしていく。 舌でつぶせるかたさ Ⅰ群(穀類)
5倍粥50~80g
Ⅱ群(野菜・果物)
20~30g
Ⅲ群(魚・肉・豆)
魚:10~15g
肉:10~15g
豆腐:30~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品50~70g
9~11カ月ごろ
つかまり立ちが盛んになって、いよいよ歩く準備です
食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていく。
家族一緒に楽しい食卓体験を。
歯ぐきでつぶせるかたさ Ⅰ群(穀類)
5倍粥90~軟飯80g
Ⅱ群(野菜・果物)
30~40g
Ⅲ群(魚・肉・豆)
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品80g
1歳~1歳半ごろ
歩き始める子がでてきて、手先もだいぶ器用に
1日3回の食事のリズムを大切に、生活リズムを整える。
自分で食べる楽しみを知るため、手づかみ食べから始める。
歯ぐきでかめるかたさ Ⅰ群(穀類)
軟飯90g~ご飯80g
Ⅱ群(野菜・果物)
40~50g
Ⅲ群(魚・肉・豆)
魚:15~20g
肉:15~20g
豆腐50~55g
卵:全卵1/2~2/3個
乳製品100g

※あくまで目安量であり、子供の食欲や成長・発達の状況に合わせ、食事の量を調整する。

※発育曲線の成長カーブに、赤ちゃんの体重・身長を記入し、カーブに沿っているか確認しながら進める。

おわりに

離乳食が思い通りに進まないと、どうしてもまわりの子と比べて焦ってしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんの成長を個人差が大きいですし、赤ちゃんの気分なんかにも大きく左右されます。

大人のストレスは赤ちゃんにも伝わります。うまくできたときには、たくさん褒めてあげながら、赤ちゃんのペースに合わせて進めるようにしましょう。

妻の日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
u-aiをフォローする
スポンサーリンク
住んで埼玉

コメント

タイトルとURLをコピーしました