伊奈にあるミドルコストメーカーの宿泊棟に見学に行ってきました。

マイホーム
スポンサーリンク

話は、前回のさいたま新都心にある住宅展示場の続きです。
某ミドルコストメーカーに行ったときに、伊奈に30坪のモデルハウスがあるので、見に行きませんか?というご提案をいただき、2019年1月下旬の見学会に至りました。
正確に言うと、某ミドルコストメーカーはモデルハウスは持っておらず、伊那に自社で建てた宿泊棟をお持ちで、そこの建物内を見学できるというものでした。
宿泊棟というと、初耳でなんだろうと思うのですが、文字通りその棟に宿泊ができるというものです。
実際に宿泊することで、自社の家の良さを知ってもらうというもののようです。
そこは宿泊以外にも見学や打ち合わせでも使用できるということでしたので、今回は見学で使用させてもらいました。
建物に入ると、まるで魔法瓶のような暖かさです。
某ミドルコストメーカーは家の密閉性と床暖房を売りにしており、その暖かさを実感できました。
見学時期が2019年1月下旬だったこともあり、この暖かさは本当にありがたいと思いました。
さらに、某ミドルコストメーカーは、宿泊棟以外にも、実際にお客さんが建てた家を見学できるということでした。
これってすごいことじゃないですか?
実は某ミドルコストメーカーは、モデルハウスなるものを持っておらず、建ててもらった家を見学で使わせてももらうことで、広告費を抑え、その分をお客様に還元しているということでした。
(ちなみに、噂では見学に使用させもらったお宅には、5000円のプレゼントがあるそうです)
でも、実際に住んでいるお宅を見学するのは、少し緊張しました。
事前に聞きたいこととか、よく話し合って整理しておくことをおすすめします。
見学させていただくお宅も、ただの善意で見学させていただいているだけなので、こちらからガツガツ質問していかないと、シーンとした変な空気が流れてしまいますよ笑。
でも、原寸大のお宅はとても参考になりました!
建物の価格、設計の自由度、キッチンや水回りの装備、外観など、鮮明にイメージすることができました。
また、営業マンもとてもヤル気のある方で、とても親身に相談に乗ってくれます。
我々が、家の予算の面で迷っていると、次回は保険の無料のファイナンシャルプランナーをご提案いただきました。
ちょうど、ファイナンシャルプランナーに住宅予算の面で相談しようと考えていましたので、お願いすることに。
ということで、次回は住宅にかける予算の相談になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました